サプリメント製造工場の選び方・GMP認証制度

サプリメント製造工場の選び方・GMP認証制度

サプリメント製造工場の選び方・GMP認証制度

サプリメント製造工場の選び方・GMP認証制度

安全基準を満たしている判断基準とは?

 

わたしたちは、食材を買う時に、普通にそれが十分安全なものであるのかを確認していますよね。

 

例えば、野菜・魚・肉類などは自分の目で傷みがないかを見たりします。

 

 

 

 

 

しかし、サプリメントは、消費期限はありますが、見た目でわからないので、消費期限や販売者、記載されている原料などを信じるしかありません。

 

しかし、信じるとしても何を信じればいいのでしょう?

 

工場は清潔に保たれていて雑菌は混入しない?

 

原料は表示通りの含有量が入っているの?

 

ダイオキシンや放射能の影響がない安全な原料を用いているの?
など、疑問はつきません。

 

 

 

 

実は、日本のサプリメントの安全性や品質保証についての安全基準の規制は、現時点では厳密には存在していないのです。

 

しかし、これではまずいということで、平成17年2月1日に厚生労働省より「錠剤、カプセル状等食品の適正な製造に係る基本的考え方について」というガイドラインが明示されました。

 

これは、サプリメントと同じように錠剤やカプセルを作る医薬品を製造する製薬メーカーが製品を「安全に」「一定の品質」で製造するために、ずっと以前から課せられてきた規則にに準ずるようにとの目標です。

 

最近では、医薬品以外でも、化粧品、サプリメントなどの業界で自主的にこのルールを守って製造する取り組みが広がっており、目標基準を達していれば、安全基準を満たしていると判断することができるのです。

 

 

安全高品質な商品にはGMP認証がついている

サプリメント製造工場の選び方・GMP認証制度

安全基準を守っているかどうかの基準となるのが、GMP(Good Manufacturing Practice;適正製造規範)です。

 

日本では、JIHFS(日本健康食品規格協会)が、医薬品などの基準を元に自主的なサプリメントのためのGMPを作り、これによって原材料の入庫〜製造〜出荷までの全ての過程で、”安全”で”一定の品質”が守られるようになっています。

 

JIHFSのGMPでは厚生労働省のガイドラインが求める条件を十分に満たしており、より高い品質や安全性を確保できるようになっています。

 

では、GMPを守ると何が保証されるのか、もう少し解説していきますね。
GMPでは、

・サプリメントが作られる工場の機能が維持されているか、保守・点検・管理が適正に管理されていること
・製品の品質が維持されているか、管理されていること
・製品の製造工程の衛生が適正に保たれていること
・製品の製造方法が適正に守られていること

を常にチェックし続け、記録に残すことが必要です。

 

でも、本当に大切なのは、それが第三者の目で実際に実施されていることを客観的に確認することです。

 

自分で「できてる」って言っても証拠にはなりませんから、関係のない第三者機関に証明してもらうようになっています。
第三者機関は、実際に工場に出向いて査察を行ない、GMPに求められる基準をクリアしているか「GMP監査」を行ないます。

 

証明してもらえた企業は『GMP認定証』をもらい、その証明としてその工場でできた製品は『GMPマーク』を付けることが認められるのです。

 

そして、この監査は、毎年行われ、GMP認定証も3年ごとに新しく認証し直します。

 

これによって、GMP認証のある製品は継続的に高品質で安全な商品であることが維持され続ける仕組みになっているのです。

 

つまり、GMPマークのあるサプリメントなら、安心で高品質であることが保証されているので、私たちも安心して摂取することができるんです!

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ