アスタキサンチンってなに?

アスタキサンチンってなに?

アスタキサンチンってなに?

アスタキサンチンとは、今や注目の抗酸化作用を持つ成分です。

 

抗酸化作用とは、老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を消去してくれるという、願ってもない成分なんです。

アスタキサンチンってなに?

 

アスタキサンチンは、サケ、いくら、カニ、エビなどに含まれている天然の赤い色素であるカロテノイドの一種で、その特徴は加熱によって鮮やかな赤色に発色することです。

 

天然のカロテノイドには、赤以外でも黄色やオレンジ色のものもあり、アスタキサンチン以外にもリコピンやルテイン、βカロテンなどもカロテノイドと言えます。

 

しかし、これらのカロテノイドは人間の体内では作ることができず、自然の食物連鎖、つまり食事で身体に取り込むしかありません。

 

コレラカロテノイドの中でも、アスタキサンチンはその抗酸化力で群を抜いており、その強さはビタミンEの約100倍ですから、活性酸素除去の効果も一番です。アスタキサンチンには、更に、他の抗酸化成分では届きにくい目の奥や脳に届く特徴もあります。

 

しかし、せっかく摂取してもその効果は約72時間で消えてしまうこともわかっており、大量に摂取しても蓄積されてしまうというリスクも心配ないので、安心して食べることができます。

 

 

活性酸素とは

私たちの身体は、取り込んだ糖や脂肪から、生きていくためのエネルギーを身体の中で作り出します。

 

そのエネルギーを作るときに使われた酸素が、その代謝の過程で酸素が一部変化して作り出されるのが活性酸素です。活性酸素には身体の中で様々な物質と化学反応を起こすため、細胞が酸化されて損傷を与えてしまう物質なんです。

 

アスタキサンチンってなに?

具体的には、身体の外部から入り込んだウィルスや細菌を排除したり、紫外線や排気ガスを浴びたり、食品添加物などの化学物質を体内に取り込んだりしてしまうことが原因でも活性酸素は作り出されてしまいます。

 

活性酸素は、最近の研究でガンや生活習慣病、老化や認知症などの原因になってきていることもわかってきました。

 

身体の中の活性酸素は体内の分解酵素によって減らすことができるのですが、加齢によってこの抗酸化酵素の量も減ってきてしまうため、活性酸素を減らす働きが衰えてきてしまいます。

 

つまり、活性酸素を除去する能力は年齢と反比例するのです。ですから、アスタキサンチンによって活性酸素を分解する能力は、若々しさを保つことにも役立つのですね。

 

また、アスタキサンチンが持つ強力な抗酸化力は、美白、美肌、血流改善、免疫力向上、老化防止などの効果も期待できます。

 

 

脳を守るアスタキサンチン

脳は、身体の中で一番酸素を消費する部分です。

 

でも、体重の2%程度しかない脳で、エネルギーは全体の20%、酸素は30~50%も消費します。酸素の消費が増えれば、その分活性酸素の発生量も増えるということになります。

 

しかし、脳は活性酸素による損傷を一番受けやすい脂肪質が半分を占めており、活性酸素によるダメージはかなり大きいです。

 

脳の神経細胞は、死んでしまうと二度と再生しないので、活性酸素の影響は記憶力や思考力に影響してきます。ですから、加齢によって減ってしまう神経細胞をできるだけ活性酸素から守ることは、とても重要だと考えられます。

 

アスタキサンチンは、カロテノイドの中でも唯一脳の関所である血液脳関門や目の関所の血液網膜関門を通過できるという特徴を持ちます。

 

ですから、アスタキサンチンの強い抗酸化力を日ごろから脳や目に送ることができれば、脳の衰えを防ぎ、眼精疲労を予防したり、脳疾患を予防したりする効果がきたいできるのです。

 

 

アスタキサンチンを効果的に摂取するには

アスタキサンチンは、人間の身体の中で作り出すことができず、食べ物で補うしかありません。

 

効果的に摂取するには、アスタキサンチンを多く含む食品であるサケ、いくら、カニ、エビなどがありますが、
毎日食べ続けるのも難しいため、効果的に十分な量を摂取するには、サプリメントによる摂取が一番効果的です。

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ