リコピンてなに?

リコピンてなに?

リコピンてなに?

最近トマトのリコピンに大きな注目が集まっていますよね?

 

でも、なんで注目されているのか知っていますか?

 

それは、リコピンの強い酸化力です。リコピンは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種でトマト以外にもスイカやピンクグレープフルーツにも含まれます。

 

リコピンてなに?

 

同じカロテノイドのアスタキサンチンもその強い抗酸化力で大注目されていますよね。

 

トマトに含まれるリコピンの抗酸化力は、ビタミンEの100倍もの強さがあります。それ以外にも、ダイエットや悪玉コレステロールのLDLコレステロールの酸化防止など健康効果もあり、美容効果と相まって敏感な女性たちから大人気の成分なんです。

 

リコピンてなに?

 

 

リコピンの効果

カロテノイドは、活性酸素を分解する強い抗酸化力を持つのが特徴で、リコピン以外にもアスタキサンチン、βカロテン、ルテインなどがあります。

 

リコピンは、βカロテンの2倍の抗酸化力があり、それ以外にも血糖値低減、動脈硬化予防、ガン予防、喘息改善、美白、ダイエット効果なども期待できます。

 

その中でも肺がん、前立腺がん、乳がんなど様々な臓器でのがん細胞の増殖を抑え、LDLコレステロールの酸化防止についての研究でその効果が確認されています。

 

 

活性酸素とは

私たちの身体は、取り込んだ糖や脂肪から、生きていくためのエネルギーを身体の中で作り出します。

 

そのエネルギーを作るときに使われた酸素が、その代謝の過程で酸素が一部変化して作り出されるのが活性酸素です。活性酸素には身体の中で様々な物質と化学反応を起こすため、細胞が酸化されて損傷を与えてしまう物質なんです。

 

具体的には、身体の外部から入り込んだウィルスや細菌を排除したり、紫外線や排気ガスを浴びたり、食品添加物などの化学物質を体内に取り込んだりしてしまうことが原因でも活性酸素は作り出されてしまいます。

 

活性酸素は、最近の研究でガンや生活習慣病、老化や認知症などの原因になってきていることもわかってきました。身体の中の活性酸素は体内の分解酵素によって減らすことができるのですが、加齢によってこの抗酸化酵素の量も減ってきてしまうため、活性酸素を減らす働きが衰えてきてしまいます。

リコピンてなに?

 

 

つまり、活性酸素を除去する能力は年齢と反比例するのです。

 

ですから、活性酸素を分解する能力は、若々しさを保つことにも役立つのですね。

 

 

 

 

リコピンの健康効果と美容効果

リコピンには、注目の健康効果があります。過剰な活性酸素が原因となる動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防や改善にも効果があります。

 

また、悪玉コレステロールのLDLコレステロールの酸化を抑えるため、コレステロールの酸化による血栓生成を抑え、血流障害を改善します。

 

血流が悪くなると体温の低下などによって免疫力が落ち、様々な病気の原因になってしまうのですが、そこで登場するリコピンが、代謝を活発にして血流を良くしてくれるのです。

 

女性にとってさらに嬉しいのは美容効果です。血流の改善は、脂肪が付きにくい体を作り、肥満予防や改善にも効果が期待できます。

 

また、強い抗酸化力によって紫外線により活性酸素が原因で肌内部で発生するシミやシワ、たるみなどの肌トラブルを抑えます。シミの元になるメラニンを作るチロシナーゼを抑える効果もあり、美しい白い肌を作る効果も期待できます。

 

 

効果的にリコピンを摂取するには

リコピンを最も多く含む食品はトマトです。

 

トマトなら手軽に手に入りますから、気軽に摂ることもできますよね。

 

リコピンてなに?

理想的なトマトの摂取量は、大きめトマトなら1日2個、トマトジュースなら1缶(約150ml)で、ダイエットを目的とするならその4倍の量が必要です。

 

できれば生で摂取するより加熱加工したほうが効果が高いと言われていますが、食材で摂取するには、ちょっと多いですよね。

 

そんな時には、サプリメントを活用するのもおススメですよ。

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ