DHA・EPAの摂取量

効果的なDHA・EPAの1日の摂取量とは?

効果的なDHA・EPAの1日の摂取量とは?

DHAやEPAは健康に良い成分で、中性脂肪やコレステロールを減らしたり、頭の働きをスッキリさせてくれたりします。

 

ですから、DHAやEPAは積極的にしっかりと摂りたいですですよね。厚生労働省のガイドラインでは、DHAやEPAの目標摂取量は1日1000mgです。

 

しかし、DHAやEPAは青魚に多く含まれる成分ですが、調理をすると量が煮汁や調理油に半分以上が流れ出し、減ってしまいます。

 

刺身での摂取が一番望ましいのですが、そうでなくても毎日青魚ばかりを大量に食べるのは難しいものです。

 

国民健康・栄養調査の結果でも、魚を多く摂る50歳以上の年代でも目標量に対し25%〜40%も不足しています。これが50歳未満の年代であれば、50%以上の不足という結果が報告されています。

 

効果的なDHA・EPAの1日の摂取量とは?

 

だったら、どのようにDHAやEPAを摂るのが一番効果的なんでしょうか。その答えは、サプリメントによる摂取です。

 

もちろん、食品から摂取するに越したことはないのですが、毎日の食事をいきなり大きく変えることが難しいのであれば、サプリメントをうまく活用しましょう。

 

1日分の1000mgの配合にできるだけ近い量を配合したサプリメントで補うことができれば、目標をクリア、あるいは限りなく近づけることができます。

 

50代以上であれば、50%以上は食物で摂取できているので、1日の摂取量の半分くらい補うことができればいいですよ!

 

これまで見てきたように

 

@安全性が高く
A酸化防止成分を配合
BDHA・EPAの量をしっかり配合

 

しているサプリメントを選んで、効果的に健康成分であるDHA・EPAを摂りましょう!

 

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ