コレステロールを下げる食事はわかめ!食事制限なしでわかめで改善!

コレステロールを下げる食事はわかめ!食事制限なしでわかめで改善!

コレステロールを下げる食事はわかめ!食事制限なしでわかめで改善!

 

山田由美子(30歳)専業主婦です。

 

28歳のとき、健康診断でコレステロール値で引っかかりました。数値は総コレステロール284、LDLコレステロール196でした。


コレステロール値が高くなった原因

小さな子供がいるためいつも夕食は17時、子供を寝かしつけたあと主人が帰宅して21時頃。夕食時間が早いため、21時〜22時頃になるとおなかがすいてくるので、手軽な夜食を食べるようになりました。

 

インスタントラーメンに卵を入れて食べるのが好きで、このとき1ヶ月ほどほぼ毎日夜食に食べていました。また、たまにシュークリームなど卵をたくさん使った甘いものも食べることもありました。これが原因です。

 

健康診断で引っかかり、すぐに内科を受診しました。原因が毎日の夜食ということで、とりあえず食事療法をしましょうということでした。卵や乳製品、肉の脂身などはなるべく摂取を控えること。魚や海藻類の摂取を心がけること。もちろん夕食後、特に就寝前の食事は禁止です。

 

それからはものすごく食事に気をつけるようになり、お肉はほとんど赤身も食べず、卵や乳製品は一切口にしませんでした。海藻類はもずくを中心に、魚は青魚、野菜中心の生活にしました。

 

一ヶ月後、LDLコレステロールは134まで下がりました。ですが、正直言ってかなり無理のある食生活をしていました。そのため、一ヶ月はその食生活でやりぬけましたが、そう長く続くものではなく、気の緩みもあって卵と乳製品の摂取は控えてそれ以外はいつもどおりの食生活をしていました。

 

もちろん夜食は食べていません。三食のみです。すると、その後の定期的なコレステロールの血液検査では170〜180くらいの数値が平均となりました。正常値には戻らなくなりました。

 

 

食べ過ぎをやめて、わかめを摂取することで下がったコレステロール

母親にその話をすると、どうやら母親の父親(私からみて祖父)の家系が家族性の高コレステロールの遺伝だということを知りました。私もその遺伝のためか、何かのきっかけ(今回は卵+ラーメンの夜食)で高コレステロールを引き起こしたと思われます。

 

家族性のものと判断され薬服用はしないでいいもののコレステロール値が毎回高かった私ですが、ある食品を何日か続けてたくさん食べたあとコレステロールが劇的に下がっていたことがありました。

 

その食品とはわかめです!実際食事療法のときにはもずくを中心に海藻類は摂取していたのですが、もずくではあまり効果はなかったように思います。実は息子がわかめにハマり、朝昼晩とわかめをたくさん食べていたので、私も一緒にわかめを山盛り食べていました。

 

それが3、4日続き、そのときに血液検査をしたら、LDLコレステロールが133になっていました。このとき、卵も乳製品もたまに食べて食事制限らしいことは何もしていなかったのに、わかめを多少に摂取したことでコレステロール値が一気に下がったのです!

 

先生に話してみると、コレステロール値を下げてくれたのはおそらくわかめだろうということでした。ほかの食事制限を何もせず、わかめだけで下げられたというのには奇跡です。わかめは三食で両手一杯分くらいです。うどんに入れてわかめうどんにしたり、お味噌汁に入れることが多かったです。薬やサプリメントは飲まかなかったです。

 

 

それは、やはりこれ以上コレステロール値が高くなって常時薬服用になる怖さや、もし病気になったら、もし私に何かあったらと思ったからです。小さな子供がいるため、私が健康でいないとこの子に何かあったらどうしようととてつもない恐怖が襲いました。

 

だから、食事制限だろうと何だろうと、このままではいけない、と思い立ちました。家族のためというのが一番大きいです。コレステロール値が高いというのは、病気の予備軍に入るように思えるので、健康は大事なんだと身にしみて痛感しました。

 

 

わかめはほんとにすごい

これといった食事制限もせずに、食べ過ぎにだけは注意して(特に夜間)、いつもと変わらない生活を送っています。LDLコレステロールも170〜180で安定しており、このくらいなら薬の服用もせずに経過観察でよいと言われたからです。

 

ただ、わかめなどは可能な限りは食事の具に入れるようにしています。わかめも食べれば食べるほどよいと実感はしましたが、何事も限度があるので頑張りすぎると自分が疲れてしまうため、多量の摂取はしていません。唯一、卵入りのラーメンやシュークリームなどを夜食にすることだけはやめています。

 

コレステロールもストレスに左右されるという話を聞いたこともあるので、自分のコレステロール値の平均がわかればそれに合わせて生活するのが一番だと思います。ただ、その値が私のように低めの方もいれば薬服用もやむを得ない値の高い方もいらっしゃると思います。

 

かかりつけのお医者様とよく相談されて、いろいろ試して自分の体に合う方法でコレステロール値がコントロールしていくのが一番ストレスフリーだと思います。無理な食事制限が一番しんどいと思うので、これだけは絶対というものを決めておくといいかもしれません。

 

今までの経験からひとつ言えるのは、わかめはほんとにすごいと思います。実際高コレステロールの祖父にその話をしたら「そうだぞ!わかめは本当にすごいんだからな!」と言ってました。海藻類を摂取する際には、わかめをどうぞメインに摂取して、少しでもコレステロール値が低くなるようにと祈っております。

 

 

管理人からひと言

 

わかめを摂取してコレステロール改善とはすごいですね。

 

いろいろ調べてみましたが若芽で下がったという話はあまり聞いたことがありません。

 

本当に効果があるのか疑問に思ったので調べてみました。

 

わかめや、昆布、ヒジキなどと言ったいわゆる海藻類は、ミネラルが豊富に含まれています。

 

ミネラルの中でも特に亜鉛やリン、ヨウ素やカルシウムなどがたくさん含まれています。また食物繊維も非常にたくさん含まれています。その上カロリーが殆どないので、生活習慣病や便秘などにとても適した食材です。

 

ワカメや昆布などがコレステロール値を下げる仕組みですが、わかめやコンブに含まれているアルギン酸は、水溶性の食物線維ですが、胆汁酸の吸収を阻害する働きがあり、腸の中のナトリウムも吸着する働きもあるので、腸の中の余分なコレステロールやナトリウムなどの老廃物を排出することができます。

 

また、ほとんどの海藻類に含まれるフコダインも、アルギン酸と同じように腸の中の余分なコレステロールやナトリウムなどの老廃物を排出する働きがありす。

 

そのため、わかめなどの海藻類を毎日食事の中に取り入れる事によって、コレステロールを下げることが出来るのです。同時に便秘の解消など他の効果も期待できます。

 

なるほど!わかめってすごかったんですね!

 

とはいえ、海藻が嫌いという方も中にはいますので、そういう時は飲みやすいサプリもいいと思いますよ。

 

おすすめはこちらです。

 

参考にしてみてくださいね。

 

貴重な口コミありがとうございました!