コレステロールを下げるには

コレステロールってなに?

コレステロールってなに?

最近よく耳にするようになった「コレステロール」という言葉、増えすぎると体によくないとは分かっている方は多いと思います。

 

では、コレステロールは体に必要なものなのでしょうか?

 

コレステロールについてよくわからない方もいると思うので説明します。

 

 

コレステロールの働きとは?

コレステロールは体になくてはならない脂質の一種です。

 

コレステロールには、2つの働きがあります。

  1. 身体を作る約60兆個もの細胞の細胞膜を構成する成分となる
  2. ストレスに対応する水分調節をする副腎皮質ホルモンなどのホルモンや脂肪の消化吸収を助ける胆汁酸の原料となる

 

 

 

1日に必要なコレステロールは1〜2グラムです。そのうち7割が体内で合成され、残りの3割を食事から摂取しています。

 

体が正常な場合、血中のコレステロール濃度は決まっているので、コレステロールを一定量に調節する機能が働いています。食事で取りすぎた時には、体で合成する量を減らします。

 

しかし、コレステロールの過剰摂取や高齢になるにつれて、調節する機能が働かなくなり、血液中のコレステロールが増加します。

 

 

コレステロールには種類がある?

 

 

 

コレステロールには
 善玉コレステロール
 悪玉コレステロール
の2種類があります。

 

 

 

 

 

善玉コレステロールとは?
HDLコレステロールといいます。体内で使われずに残ったコレステロールを肝臓に戻し、動脈硬化を進行させないように働き、不要なHDLコレステロールは排泄されます。

 

悪玉コレステロールとは?
LDLコレステロールといいます。全身の組織にコレステロールを運び働きます。しかし、増えすぎると血管壁に沈着してしまい、動脈硬化の引き金になる恐れがあります。

 

 

正しいコレステロールの値は?

LDLコレステロール値140mg/dl以上、HDLコレステロール値40mg/dl以下どちらかに当てはまると脂質異常症と診断されます。

 

この2つ比率としてLH比があります。

 

計算方法はこのようになります。

 

 

 

 

 

 

LH比とは?

1.5状態は良好、2.0以上でコレステロールの蓄積あり、2.5以上で血栓ができている可能性ありと判断されます。

 

LDL値が正常であってもHDL値が低いと心筋梗塞を起こす危険性があります。ですので、両方のバランスをとることが大切となるので、このLH比が目安となります。

 

 

コレステロールと聞くと体に悪いというイメージがありますが、体には欠かせないものなのです。
大切なのは、LDL値とHDL値が正常であるか、両方のバランスが取れているかどうかです。


ホーム RSS購読 サイトマップ