コレステロールを下げるには

コレステロールに関連する病気のあれこれ

コレステロールに関連する病気のあれこれ

血液中のコレステロールが多くなりすぎると血管の壁に付着して、血管を詰まらせる一因となり動脈硬化症を引き起こします。
これが脳動脈で起きれば脳梗塞に、心臓の冠動脈で起きれば心筋梗塞になります。
このようにコレステロールの数値に異常があると様々な病気につながります。
その病気の一部を説明します。

 

状 態

なりやすい病気

HDL(善玉)コレステロール値が低い場合 脂質異常症・メタボリックシンドローム・高血圧症・肝硬変・腎不全・甲状腺機能亢進症…など
LDL(悪玉)コレステロール値が高い場合 脂質異常症・メタボリックシンドローム・糖尿病・甲状腺機能低下症・ネフローゼ症候群…など
総コレステロール値が高い場合

脂質異常症・糖尿病・甲状腺機能低下症…など
他の検査値と総合して判断されます。

 

脂質異常症

血液の中に溶け込んでいる脂質の状態が正常域を超えていることです。気付かないうちに血管が傷つき動脈硬化が静かに進んでいきます。
LDL(悪玉)コレステロール値が140r/dl以上
HDL(善玉)コレステロール値が40r/dl以下

 

動脈硬化

動脈の血管が硬くなって弾力性が失われた状態です。増えすぎたLDLコレステロールが血管の壁に沈着してしまったり血栓とよばれる塊が生じて血管を詰まらせてしまいます。動脈は心臓から出た血液を全身に運ぶ大切な血管です。これがしっかりと機能しなくなると心筋梗塞や脳梗塞などの病気に直結する危険性があります。

 

メタボリックシンドローム

腹囲(おへそ周りの長さ)が男性85p以上、女性90p以上で判断されます。内臓脂肪が蓄積しているかがポイントとなり、その上で、血中脂質異常・高血圧・高血糖のうち2つ以上が当てはまる方です。
生活習慣病の警告の意味合いで設定されています。

 

高血圧症

血圧とは、血液の流れが血管の壁に与える圧力のことで、心臓が収縮して血液を送り出したとき血圧は高くなり(最高血圧)、収縮の後心臓が拡張する時に血圧は低くなります(最低血圧)。
最高血圧と最低血圧の両方またはどちらかが、正常よりも高い状態を高血圧といいます。放置しておくと、脳梗塞・狭心症・心筋梗塞などの合併症が起こる危険性があります。

 

糖尿病

インスリン(血液中のブドウ糖を筋肉や肝臓などへ取り込み血糖を下げる働きをもつ唯一のホルモン)の作用が十分でないため、ブドウ糖が有効に使われず、血糖値が高くなっている状態のことです。血糖値が高い状態が続くと様々な合併症につながります。

 

肝硬変

肝臓が硬く変化する病気です。肝臓は食べ物から取った、糖・タンパク質・脂質を体内で使える形に変える働きと、有害な物質を分解する働き、胆汁の生成分泌という大きく3つの働きを担っています。しかし、肝臓全体が柔らかい組織から硬い繊維に置き換わりカチカチに硬く小さくしぼんで、肝臓の働きを失います。

 

腎不全

腎臓は老廃物を体から追い出す働き、血圧を調節する働き、血液を作る司令塔の働きを担っています。しかし腎臓の糸球体や尿細管が侵されることで、この腎臓の働きが悪くなる病気です。

 

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンが減少する病気です。全身の代謝が低下するため体の様々な機能が低下します。症状としては、眠気・記憶障害・疲労感・むくみ・寒がり・便秘・体重増加などが生じます。

 

甲状腺機能亢進症

血液中の甲状腺ホルモンが増え、イライラや手の震え・落ち着きがなくなる・下痢・疲れやすい・暑がり・汗が多く出るなどの症状が少なくとも1週間持続する病気です。

 

ネフローゼ症候群

尿にタンパク質が出てしまうために、血液中のタンパク質が減りその結果、むくみが起こる疾患です。

 

 

 

 

 

このように、コレステロール値の異常から芋づる式に様々な病気に繋がっていきます。
自分のコレステロール値を確認し、日々の生活でコレステロールを取りすぎていないか気を付けることが大切です。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ