コレステロールを下げるには

コレステロールが高く中性脂肪が低い場合って?

コレステロールが高く中性脂肪が低い場合って?

コレステロールと中性脂肪の数値どちらも健康診断などでわかりますが、数値が高いと気になりますよね。
ではコレステロール値は高いけど、中性脂肪値は低い…このような場合どんなことが原因なのかを説明します。

 

 

コレステロールが高くなる原因とは?

コレステロール値が高くなる原因は、魚類や豆類・緑黄色野菜、海藻などの摂取が少ないことや、肉類や乳製品
卵などを多く食べていることが影響しています。
また過労やストレス等もコレステロール値を高めてしまいます。

 

コレステロール値が高いと?

脂質異常症・メタボリックシンドローム・動脈硬化・高血圧症・肝硬変・腎不全・糖尿病・などの病気を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

 

では中性脂肪が低いのはなぜ?

1日のとる食事量が少ないときです。また、太っていないからと食べ物を気にせず摂取してるとコレステロール値が高いものばかりに偏りがちになります。

 

ストレスとコレステロールの関係とは?

ストレスに対する人体の防御反応によりコレステロール値が上がります。
ストレスの増加によって活性酸素が増え体内の酸化が進むと体はそれを克服するために脂肪組織や肝臓から脂質を取り出して血中に流します。そして、酸化して壊れた組織を修復するように働きます。その結果、コレステロール値が高い食べ物を過剰摂取していないのに、血中にコレステロールが増えてしまいます。

 

 

中性脂肪が低い場合は?

中性脂肪が少ないと、体内にエネルギーのストックがないため、疲れやすくなります。
極端な少食・偏った食習慣により中性脂肪が低いと、ビタミンA・Eやβ-カロテンなどの脂溶性ビタミン類も少なくなります。
脂溶性ビタミンは免疫力を守る働きや、カルシウムの吸収を手助けし骨や歯の形成を支える働き、抗酸化作用・止血作用などの働きがあります。脂溶性ビタミンが不足すると、神経機能が低下するため、めまいが起きます。


また中性脂肪も低くなると偏頭痛などの症状も起きます。
中性脂肪が不足すると栄養欠乏により、血管壁が脆くなり動脈硬化の危険性も出てきます。

 

コレステロールが高いと様々な病気を引き起こす可能性が高まります。また、中性脂肪が低いと疲れやすくなります。
中性脂肪が低いことによって動脈硬化の危険性も高まりまることに加えて、コレステロールが高いことも動脈硬化を引き起こす原因となります。
コレステロール値だけでなく中性脂肪値も適度な数値になるよう日々の生活習慣を見直すことが大切です。


ホーム RSS購読 サイトマップ