コレステロールを下げるには

卵はコレステロール値に本当に悪いのか?

食事とコレステロールの関係

 

健康に関する指標で、「食品摂取基準」というものがあります。
これは日本人が健康を維持&促進する為に摂取すべき栄養素やエネルギーの基準量で、厚生労働省が5年ごとに発表しています。

 

2010年版「食品摂取基準」のコレステロールの目標量は、1日当たり成人男性が750mg未満、成人女性が600mg未満でした。
しかし、2015年版ではコレステロールの目標量自体が撤廃されています。

 

 

女子栄養大学栄養生理学研究室の上西一弘教授によると、コレステロールは体内で合成出来る脂質で、食事で摂取するコレステロールの影響は少ない事が分かって来たそうです。
これにより、摂取基準を決める科学的根拠が少なくなった為、最新版では目標量が撤廃されました。

 

人間は肝臓で多くのコレステロールを合成しています。
例えば体重50kgの人の場合、1日当たり600〜650mgです。
コレステロールは細胞膜・胆汁酸・ホルモン・ビタミンDの材料になる成分で、毎日新たに一定量必要になるので、食事だけに頼らなくていい仕組みになっているのです。

 

食事で摂取したコレステロールのうち、吸収されるのは体内で作られたコレステロールの1/3〜1/7に過ぎません。
また、食事での摂取量が少なければ体内で多く合成され、逆に食事での摂取量が多ければ少なく合成されます。
このように常に一定量が保たれるので、食事からの影響が少ないのです。

 

健康な人の場合、食事からのコレステロールの摂取量と血中のコレステロールの相関関係を証明するのに十分な科学的根拠が無い為、目標量が撤廃されました。
しかし、基準量が無いならコレステロールをいくら摂取してもいいかというと、決してそういう訳ではありません。

 

体内で使われたり、合成されるコレステロールの量には個人差があり、遺伝も影響しています。
その為、コレステロールを食事でどれぐらい摂取すべきかは1人1人違います。
健康な人ならむやみに制限する必要はありませんが、自分や親が高コレステロール血症を患っている人は摂り過ぎに注意しましょう。


卵とコレステロールの関係

一般的に、コレステロールを多く含む食品として知られているのが卵です。
鶏卵1個に210mg含まれていて、以前は「卵は1日1個まで」というのが常識でした。

 

 

現在は基準量が無くなりましたが、だからと言って毎日3〜4個というペースで食べ続けるのは問題です。

 

コレステロールは体内で合成されるので、摂取不足で欠乏症になる事はありません。
その為、たくさん摂取する必要が無い栄養素なのです。
特にコレステロールの摂取量を制限している人は、多く含まれている卵を食べなければ上限が守りやすくなります。

 

ただ、卵は血中のコレステロール値に影響しないという声もあります。
卵黄に含まれるレシチンにLDL(悪玉)コレステロールを減らしてHDL(善玉)コレステロールを増やす働きがある為、余分なコレステロールが血管に沈着するのを防いでくれるからです。

 

コレステロール値との関連において悪いイメージのある卵ですが、他にもコレステロールを多く含む食品はたくさんあります。
<コレステロールを多く含む食品>

 

卵は安くて栄養価が高く、健康に良い面もあります。
卵に限らず、どの食品も食べ過ぎに注意し、健康を保ちましょう。

 

 

(参考)卵がコレステロールに影響すると考えられた理由

何故「卵を食べるとコレステロール値が上がる」という説が広がったのでしょうか?

 

100年前、ロシアの研究者がウサギにコレステロールを食べさせた所、動脈硬化を起こしました。
そこから「コレステロールが高い卵=動脈硬化の原因⇒悪」という図式が出来たのです。

 

しかし、ウサギは草食動物で、動物性脂質であるコレステロールを体内で調節する事が出来ません。
その為、ウサギがコレステロールを食べて動脈硬化を起こしたからと言って、人間に当てはめる事は出来ないのです。

 

こうした理由から、現在では卵をたくさん食べてもコレステロール値への影響は少ないという見方が主流です。

ホーム RSS購読 サイトマップ